ユーザーガイド
ユーザー
ガイド
管理ツールの使い方
プログラミング技術情報

開発者登録

アプリおよび構成要素を新規作成する開発者になるには、管理ツール上で開発者登録を行う必要があります。管理者モードから開発者モードに切り替えると、以下の機能が利用可能になります。

  • アプリや構成要素の新規作成、情報の編集、ファイル保存、バージョン管理
  • プログラムファイル及びデータファイルの追加・登録
  • ソースコードエディタ
  • デバッグ画面の利用
  • オプション変数の定義・編集
  • 多言語化

開発者登録を行うにはまず、管理ツールのメニューを開き、[ 開発者モード ]を選択します。

開発者ライセンスの利用許諾書が表示されます。

開発者として登録する人の情報を入力します。

開発者登録が完了すると、アプリの一覧画面の上部に、[ 新規作成 ]メニューが表示されるようになります。

管理者モードと開発者モードはいつでも切り替えが可能で、一度開発者登録を行なうと、2回目以降、管理者モードから開発者モードへ切り替える時に、上記の手続きを行う必要はありません。