プラットフォーム

構成要素

Remotte では、アプリを構成する要素を以下のカテゴリーに分類しています。

オン・オフ

開閉状態、人感センサーや物体の有無、押しボタンや各種スイッチの制御などを扱います。

1つの数値

温度、湿度、CO2 濃度、照度、圧力、距離、重量、騒音、振動、電流、電圧などの各種センサーやボリュームやセレクターによる設定値の指示など、幅広い用途で扱います。

2つの数値

GPS信号、平面位置、ステレオ音声、許容値と現在値、入数と出数、需要と供給、時と分、および身長と体重など、個別のデータ構造にしたものなどを扱います。

3つの数値

3次元の加速度、ジャイロスコープ、3次元での位置情報、色、年月日や時分秒、および1つの数値を3つ組合せて個別のデータ構造にしたものなどを扱います。

テキスト

物やサービスの状態を表したり、通知するメッセージ、バーコードやQRコードの読取り結果、音声認識、音声合成など、幅広い用途で扱います。

各種ビデオ・音声ソース

色々な種類のビデオと音声のソースに対応。一般的な USB 接続のウェブカメラやマイク、WiFi を利用したネットワークカメラ、メディアファイルからの読込み、スマートフォンやタブレットのカメラやマイクからのストリーミング、PCのデスクトップキャプチャーやオーディオミキサーのキャプチャー、及びカスタム入力を自作することも可能です。

ビデオ解析

バーコード・QR コード認識、数字・テキスト抽出、顔検出、差分抽出、異常検知、侵入検知、ナンバープレート認識、動体追跡、歩行者や車両の計数、行動分析、混雑検知、不審物検出、監視、速度推定など、多様なアプリを実現します。

音声解析

騒音レベル、音声による制御、話者や会話の認識、各種音声フィルターや周波数解析を利用した特定事象の検出、人工知能を使ったアプリなど、幅広い用途で扱います。

その他

1つのデバイスで、温度、湿度、気圧、照度など、複数の種類のデータを扱う環境センサーや、数値とテキストの両方を扱うデータ構造をもつものなどはカスタム要素として扱います。